2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】サイレントヒル【なにげに名作】 - 2013.01.14 Mon

A5B5A5A4A5ECA5F3A5C8A1A6A5D2A5EB.jpg

2006年/アメリカ

監督:クリストフ・ガンズ
脚本:ロジャー・エイヴァリー
出演:ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン、ローリー・ホールデン

【あらすじ】
ローズとクリストファーは、娘・シャロンの奇妙な言動に悩んでいた。しばしば情緒不安定に陥り、何かに取り憑かれたかのように「サイレントヒル…」と謎のうめき声を発する娘に心を痛めるローズは、サイレントヒルという街が実在することを知り、治療のためにシャロンを連れてそこを訪ねることにする。しかし、サイレントヒルは30年前の大火によって多数の人々が死亡した忌まわしい場所であり、今では誰も近付かない廃墟と化した街であった。





       + + + + + + + +

★★★★★★★☆☆☆(よく考えると名作)


昨日レンタルしたのは『REC3』だったのに、7年前の映画の感想がいきなり来る自由奔放さがこのブログの売りです。REC3は正直感想を書く気分にもなれませんでした(笑)


さて、自分はゾンビ映画/モンスターパニック映画が大好きですが、オカルト系は正直好きじゃありません。

しかし、今回紹介するサイレントヒルはモロにオカルト系。苦手なジャンルですが、素晴らしい作品だったと思うのでブログに挙げてみます。


原作は言わずと知れたKONAMIの名作ホラーゲームより。

僕はバイオハザード専門だったのでサイレントヒル自体はプレイしたことがなかったんだけど、なるほど、映画で観た通りの雰囲気なら確かに怖いと思いました。


今だに地下火災が続き、人の住めない廃墟と化した街を舞台にお母さんが娘を探す物語なのですが、その廃墟に漂う『不気味さ』が壮絶。
気味の悪い異形が蔓延り、BGMは終始オドロオドロして、いっそのこと美しく感じるくらい不気味な舞台がこの作品最大の魅力だと思います。まるで芸術のようなホラーと言うか。


これだけの舞台が用意されていると、視聴者である僕も主人公である母親ローズの「早く娘を見つけて帰りたい…」って気持ちに強く共感してしまう。こんな街、僕なら1秒だって居たくない。


この悪魔じみた街、サイレントヒルが誕生した経緯については、物語が進むに連れて解明されてゆき、最終的にローズは望まずともサイレントヒルの隠された謎に到り着いてしまうわけですが、そのエンディングにかけての展開もすごく秀逸でした。
ラストはちょっぴり切なくて、鑑賞後の余韻もなかなかのもの。

ぶっちゃけネタバレを避けていくと大したことも書けないんですが(笑)


とりあえずホラー映画史上に残りそうな完成度でした。
面白い、ってのとはちゃうねん。なんかすごいの、この映画。




・・・で。


昨日観たばかりのREC3についてですが、REC1やREC2とは別物だったことは伝えておきます。

POV手法じゃなかったことはまあ目を瞑るにしてもだ、あのシリーズで僕が好きだったのはゾンビどもがやたら速くてガムシャラで、襲われたら最後逃げる気も無くなるほど攻撃的だったことなのに、今回のREC3だとロメロ作品のパロディかってくらいチョロいゾンビども。そして、そのゾンビたちにやられるチョロい人間たち。スポンジ・ジョンは盛大に笑った。

同じ、非POV系RECなら、アメリカ製の『REC2/クアランティン』の方が面白いかなぁ?

個人的には面白かった順にREC初代>REC2クアランティン>REC2>REC(リメイク)>REC3という感じでした。


次回REC4でシリーズ完結とのことですが、どうなる。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

サイレントヒルってゲーセンのガンゲーでしたやったことなかったです。映画があるのを初めて知った


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://luckruci.blog.fc2.com/tb.php/18-2b5cf57d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

快楽天ビースト2月号買いました(行きつけのファミマで) «  | BLOG TOP |  » コメント返信!アンドもあ

FC2カウンター

FC2プロフ

/div>

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SatanDay Night (4)
執筆関係 (4)
感想文 (8)
雑記 (17)
【4コマ】これは『新約』なんでしょう? (1)

映画

LuckyRuciの最近観たビデオ

書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。