2013-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快楽天ビースト2月号買いました(行きつけのファミマで) - 2013.01.16 Wed

d_4910138350235.jpg
18歳未満は購入禁止!


突如としてブログに成年コミック。



理由はまあ、完全にシロウさん目当てです。

ほら見て、表紙の女の子の左乳首の先にシロウさんの名前が!
夢じゃない!



そんなわけで近所のファミマでワクワクしながら購入(そういう時に限ってレジに若い女の子しかいない不幸だ)



ヌルッヌルしてたよシロウさん!(※感想)

いやもー、漫画すごい上手かった。静止系のイラスト見る機会の方が多いんだけど、汁気とか汗とか集中線やら何やかんや総じて、見事なエロ漫画でした。
ファンタジー風味でありながらどことなく下町臭い親しみやすさも残しているストーリーとか、キャラ構成もそうだけど、シロウさんだなーって感じで楽しめた。コマチの表情がいちいち可愛い。
そして、やっぱりシロウさん、
今回も絶妙に肉肉しかったです。


そういや僕も納豆好きで、どちらかと言うとヒキワリ派なんだけど、シロウさんはヒキワリNGとか言ってたような。嫌がるコマチに俺のヒキワリぶっかけたい(エロいこと言ったつもりの顔で)


ところで来月号のラインナップが内々けやき、しのづかあつと、さめだ小判ってすごいなw

スポンサーサイト

【映画】サイレントヒル【なにげに名作】 - 2013.01.14 Mon

A5B5A5A4A5ECA5F3A5C8A1A6A5D2A5EB.jpg

2006年/アメリカ

監督:クリストフ・ガンズ
脚本:ロジャー・エイヴァリー
出演:ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン、ローリー・ホールデン

【あらすじ】
ローズとクリストファーは、娘・シャロンの奇妙な言動に悩んでいた。しばしば情緒不安定に陥り、何かに取り憑かれたかのように「サイレントヒル…」と謎のうめき声を発する娘に心を痛めるローズは、サイレントヒルという街が実在することを知り、治療のためにシャロンを連れてそこを訪ねることにする。しかし、サイレントヒルは30年前の大火によって多数の人々が死亡した忌まわしい場所であり、今では誰も近付かない廃墟と化した街であった。





       + + + + + + + +

★★★★★★★☆☆☆(よく考えると名作)


昨日レンタルしたのは『REC3』だったのに、7年前の映画の感想がいきなり来る自由奔放さがこのブログの売りです。REC3は正直感想を書く気分にもなれませんでした(笑)


さて、自分はゾンビ映画/モンスターパニック映画が大好きですが、オカルト系は正直好きじゃありません。

しかし、今回紹介するサイレントヒルはモロにオカルト系。苦手なジャンルですが、素晴らしい作品だったと思うのでブログに挙げてみます。


原作は言わずと知れたKONAMIの名作ホラーゲームより。

僕はバイオハザード専門だったのでサイレントヒル自体はプレイしたことがなかったんだけど、なるほど、映画で観た通りの雰囲気なら確かに怖いと思いました。


今だに地下火災が続き、人の住めない廃墟と化した街を舞台にお母さんが娘を探す物語なのですが、その廃墟に漂う『不気味さ』が壮絶。
気味の悪い異形が蔓延り、BGMは終始オドロオドロして、いっそのこと美しく感じるくらい不気味な舞台がこの作品最大の魅力だと思います。まるで芸術のようなホラーと言うか。


これだけの舞台が用意されていると、視聴者である僕も主人公である母親ローズの「早く娘を見つけて帰りたい…」って気持ちに強く共感してしまう。こんな街、僕なら1秒だって居たくない。


この悪魔じみた街、サイレントヒルが誕生した経緯については、物語が進むに連れて解明されてゆき、最終的にローズは望まずともサイレントヒルの隠された謎に到り着いてしまうわけですが、そのエンディングにかけての展開もすごく秀逸でした。
ラストはちょっぴり切なくて、鑑賞後の余韻もなかなかのもの。

ぶっちゃけネタバレを避けていくと大したことも書けないんですが(笑)


とりあえずホラー映画史上に残りそうな完成度でした。
面白い、ってのとはちゃうねん。なんかすごいの、この映画。




・・・で。


昨日観たばかりのREC3についてですが、REC1やREC2とは別物だったことは伝えておきます。

POV手法じゃなかったことはまあ目を瞑るにしてもだ、あのシリーズで僕が好きだったのはゾンビどもがやたら速くてガムシャラで、襲われたら最後逃げる気も無くなるほど攻撃的だったことなのに、今回のREC3だとロメロ作品のパロディかってくらいチョロいゾンビども。そして、そのゾンビたちにやられるチョロい人間たち。スポンジ・ジョンは盛大に笑った。

同じ、非POV系RECなら、アメリカ製の『REC2/クアランティン』の方が面白いかなぁ?

個人的には面白かった順にREC初代>REC2クアランティン>REC2>REC(リメイク)>REC3という感じでした。


次回REC4でシリーズ完結とのことですが、どうなる。

コメント返信!アンドもあ - 2013.01.05 Sat


>むぅとさん
(問題児シリーズの記事について)
僕は結構雑食なので意外と変な作品まで面白いって評価しちゃうから基準にしない方がいいですよ!
でもしかし、問題児シリーズは多くの少年少女が面白いと感じるパワーがあると思いますので、この作品については大いに信用して下さいませ!


>黒羊さん
俺この書籍を買ったらReBirthWorldのハティさんと結婚するんだ!って決めてたのに今だにハティさんを見つけられていないのでセーフ、死亡フラグはまだ立ってないはず。まだ頑張ってもいいよね!
応援ありがとうございます!今後も頑張ります!
あ、僕の本名は無事に地球に帰ってきたら教えてあげる(`・ω・´)



>よすぃさん
お久しぶりでございますー!
よすぃさんに限っては忘れるわけがないじゃないですか~!頼みますよ~!何言ってるんですか~(ザキヤマの声で
冗談はともかく、以前はさんざんとお世話になりました。モバ登録したかなり初期の頃からお目にかけて頂いて、活動したての頃はよすぃさんの存在がだいぶ励みになりました。そして数少ないティコラー!(なにそれ
メアドについては、すいません、僕の方もHotmailが軽く死んでるというか、メッセに登録すると毎回ことごとく何かあるので困ってます。
こちらこそ~、五年間まるで成長してない自信があるので、今までと変わらず絡んでくださればと思います!
お祝いありがとうございました( ゚∀ ゚)


>iyoさん
iyoさんも久しぶりでございます!そしてありがとうございます!
書籍版もシロウさんの描き下ろしハールムゥトいっぱいでしたからね!作者自身がそもそもハルラーなので本が手元に届いた当日は思わず「ズシャシャシャシャ!」って笑っちゃいましたよ。
問題児シリーズのアニメ化まであと少し!


>めばるさん
数年前でしたっけね、「俺が本出したらサイン本やるよ~(笑)」とかアホな冗談言った覚えがある。
これじゃ関西まで行かなきゃダメやないの!(関西のかたすみません)
じゃあ今度、皆でカラオケ行く時にでも渡します。僕がサイン書いたところでゴシック体になりますが(`・ω・´)いいよね!
長いことお世話になります!今後共よろしくどーぞ!


>匿名希望のTさん
ご感想ありがとうございます!
こちらこそ言葉を尽くしても感謝しきれない気持ちでいっぱいです。
自分の要望が通るなら続刊はTさんの言う通り『Light!』の方で出したいですね~。クロンとハルのイチャラブを有害電波に乗せて!
いつも応援して頂いて有難うございます!このシリーズは間違いなくTさんありきだと思います!


>葦崎 肇さん
書籍化の話は魅力的でしたけど、やっぱりシロウさんがイラストじゃないとね!その条件クリアできたので本当よかったです。
てゆーか、ここだけの話、

最初の打ち合わせの時、
僕「あのー(´・ω・`)書籍版のイラストレーターの件なんすけど」
初代担当者「シロウさんですよね!それっきゃないと思います!」
僕「 (*゚▽゚*) 」


みたいに、何の波乱もなくシロウさんに決まったわけですがw僕が言う前から被せてきた担当さん素敵!

こちらこそー!これからも構って下さいませ!



>naさん
エンジストンは犠牲になりました。
トリオ気に入ってたんですけどね(`=ω=´)少しでも「セイとクロン」に焦点を絞ろうとした結果、彼の姿はどこに見当たりませんでした。
アシュリーの子守り役が誰になるのかは未定でありんす。
それはともかく、買ってくださってありがとうございました!


>カチョスさん
おお!ゲマズ特典付きましたか!
シロウさんのセイ尽くしには作者もメロメロでした!


>2012/1/2投稿の名無しさん
思い出してもらえるってのは本当に嬉しいですね!
僕も文庫本として皆さんのお手元に届けられて幸せです。
アニメ化したいねー!どうせ絵が付くならハルとシャムのお色気シーン満載にしましょうって提案して製作者に冷たく却下されたい!
初めてエッチな本を買う時の気持ちを思い出せる仕様になりました( ̄ー ̄)


【以下、SatanDay Nightネタバレ注意!】

>通りすがりのぱすぱっちょさん
ご購入ありがとうございました!

web版から変更あった箇所なのですが、大きい部分で行くと『魔獣事件発生後の魔獣のボスが登場してからの流れ』が全体的にweb版と変わります。

ポイントに分けて説明すると、

①web版では男女の人格を持った怪物でしたが、文庫版では女性の人格に統一。
②魔女のスペックダウン(web版では魔獣を圧倒するも、文庫版では苦戦するシーンを追加)
③魔獣のボスを退治するのがクロンからセイ=アラキスに変更。
④アルトが民間人を助ける為にライフルを使用。
⑤謎解き役をシャムリーロッテからアルトに変更。
⑥『天誅戦隊』というフレーズの増加傾向。

こんな感じですかね!
全体的にweb版よりも文庫版はセイの活躍を増やし、1作目では活躍の少なかったアルトの登場シーンも若干増やすような構成に変更しました。

それと、有料書籍として『この1冊で読み切れる、1冊で完結する』ことが重要だったので、SDNⅡに続く伏線はオールカットさせて頂きました。
そんな感じっす!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

FC2プロフ

/div>

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SatanDay Night (4)
執筆関係 (4)
感想文 (8)
雑記 (17)
【4コマ】これは『新約』なんでしょう? (1)

映画

LuckyRuciの最近観たビデオ

書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。